Blog

遺品整理にかかる費用は?

親族が亡くなったので、遺品整理をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、遺品整理をする場合には費用がかかります。では、遺品整理かかる費用はどのくらいなのでしょうか?ここでは、遺品整理の作業内容と、各作業にかかる費用についてご紹介しましょう。

遺品整理の作業内容

遺品整理の作業は、簡単に言うと、大事なものは残して、不用なものは処分することです。大事な遺品を間違って処分したり、大切な書類の処理を誤って個人情報が漏れたりすることは絶対に避ける必要があります。そのため、遺品整理の場合には、慎重で細かな作業が要求されます。

探し物と残してほしい物の分別

まず、遺品の整理を第一ステップとして行います。遺品整理の前に、「探して欲しいもの、必ず残して欲しいもの」を依頼する人から業者に伝えます。
例えば、貴重品の印鑑・通帳など、思い出の品のアルバム・写真・ビデオなど、事前に伝えている遺品について、注意深く業者は探してくれます。残して欲しいと伝えているものの他にも、「大事かもしれない」と業者が思ったものは、依頼した人にチェックしてもらうように他のところに残してくれます。また、処分が業者ではできないものについても、依頼した人にチェックしてもらうために残してくれます。処分が業者ではできないものとしては、宗教用品の神棚や仏壇、遺言状などがありますが、基本的に依頼した人にこのようなものは返します。残すものを保管すると、不用品の処分を次に行います。

処分費用を軽減するために

廃棄物として全ての不用品を処分するのは簡単ですが、この場合には処分する費用のみでも非常に高額になります。優れた業者であれば、まだ使える買取できるもの、リサイクルできるもの、引き取りを無料で行ってくれるものなどは、処理を廃棄物と別に行ってくれます。買取してくれそうな家電製品や家具等は、リサイクルショップなどへ運搬します。
買取できなかったもので、引き取りを無料で行ってくれるものは、引き取りしてもらうためにクリーンセンター等に運搬します。個人情報が書かれた大切な書類が、家の中に残っている場合が多くあります。このような書類についても、依頼したが残して欲しいと言われたもの以外は、可燃物とは別に処分します。不用な大切な書類は、個人情報処理の専門の業者などに頼んで処分を安全に行うことができます。処分を遺品整理の業者に頼むと、トラブルの要因になりかねないので、可能な限り専門の業者に頼むようにしましょう。残す遺品、引き取り・買取してもらうもの、個人情報が書かれているものを分けると、残ったものは不用品だけにほとんどなります。残った不用品は、粗大ゴミ、資源ゴミ、可燃ゴミなどに分けて、処分する工場へ運搬します。遺品整理が終わると、掃除を行います。

不用品回収業者に頼らず粗大ごみを安く処分する方法

遺品整理作業の費用


遺品整理作業の費用は、作業そのものの以外にもあります。費用がどのようなものにかかっているか、きちんと内容を把握しておきましょう。作業費用としては、遺品と不用品を分別する作業、残すものや買取してもらうものなどを梱包する作業、廃棄物を集める作業などのものがあります。特に、分別する作業は最も時間がかかるもので、残しておく遺品を多くの不用品から探すのは大変であり、費用がかかります。廃棄物や引き取り・買取を頼むものは、トラック等で運搬します。この場合、運搬する距離とトラックの大きさで費用が違う場合もあります。そのため、多くの量を運搬する場合、クリーンセンターやリサイクルショップへ長い距離運搬する場合などは、費用がその分高くなる場合が多くあります。遺品整理の費用としては、残す品を梱包したり、廃棄物をまとめたり、買取してもらうものを梱包したりする場合に使う資材費も含まれます。家が賃貸の場合は、大型の家電製品や家具を運搬する場合、養生を傷がつかないようにする場合もあり、費用が養生のためにかかります。リサイクルできるものは、引き取りを無料でしてもらったり、リサイクル料が必要な場合には費用を依頼する人が負担したりするようになります。テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機等の家電リサイクル法の対象になる家電製品は、メーカーに連絡してリサクルすることができ、リサイクル費用が通常よりも安くなります。優れた業者の場合には、高額に費用がならないように、処理を適切に行なってくれるでしょう。

粗大ごみで回収してもらえない不用品

遺品整理の費用において、廃棄物を処分する費用が大きなウエイトを占めています。回収を自治体で行っている廃棄物であれば問題ありませんが、リサイクルもできなく、買取もできない粗大ゴミなどは、高額な費用になる場合が多くあります。それぞれの地域によって、廃棄物を処分する費用は違っている場合もあります。基本的に、廃棄物は地域内で処分する必要があるため、例えば、安い隣の市で処分するようなことはできません。また、地域によって、回収を無料で行ってくれるもの・くれないものは違っています。そのため、地域によって、処分する費用の相場は非常に違っています。では、遺品整理の場合には、どのくらいの費用が具体的にかかるのでしょうか?

地域によって変わる相場

遺品整理の費用の相場と一言で言っても、作業をする家ごとに違ってきます。家の中にあるものが多くあるかどうかで、遺品整理の費用の相場は違ってきます。遺品整理の場合は、家の中にものが多くあるほど、当然ですが、分別するための作業にも時間がかかるようになります。また、多く廃棄物がある場合には、運搬する費用・廃棄物を処分する費用がかかるようになってきます。さらに、多くのものを運び出す場合には、使う車両の数や作業員の人数も違ってきます。人件費は作業員が多くなるほどかかるようになり、トラックの大きなものを使うと運搬する費用が高額になってきます。ほとんどの場合は、どのくらいのものが家の大きさで残っているかを想定し、遺品整理の費用を計算します。なお、基本的に、遺品整理の費用の相場は平均的なものであるため、大きさが同じような家の場合でも、ものが非常に多くある場合と、逆にものが少ない場合では費用は非常に違ってきます。

部屋の大きさに比例する遺品整理の費用の平均的な相場

ここでは、遺品整理の費用の相場が、部屋の大きさごとにどのようになっているかについてご紹介しましょう。部屋の大きさごとの遺品整理の費用の平均的な相場としては、1K・1Rの場合は5万円~8万円、1LDKや1DKの場合は9万円~15万円、2LDKの場合は15万円~、3LDKの場合は20万円~、4LDKの場合は25万円~にそれぞれなっています。費用が荷物の多さ、部屋の大きさによって違ってくるのは、業者に引越しを頼む場合と同じようなものかもしれません。また、荷物の多さ、部屋の大きさ以外に、費用は作業する環境によっても違ってきます。例えば、遺品整理の作業をする家が戸建てではなくて、アパートやマンションなどの場合、作業量はエレベーターの有無、階数などによって違ってくるため、当然ですが、費用も変わってきます。また、非常に道路が狭くて、近くまで運搬する車両が入れない場合には、作業員が手で運搬する距離がその分多くなり、作業量が実質的に多くなります。そのため、人件費がやはりかかるようになってしまいます。

まとめ


遺品整理をする場合には、ここでご紹介したような費用がかかります。そのため、遺品整理の作業内容と各作業にかかる費用について十分に把握しておき、できるだけ費用がかからないように工夫しましょう。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る