ブログ

遺品整理の費用を抑える方法

親族が亡くなった場合には、葬儀が終わった後、遺品整理をする必要があります。
しかし、「遺品整理を業者に依頼したいと考えているが費用が気がかりだ・・・」というように思っている人も多くいるのではないでしょうか。遺品整理を業者に依頼した場合の費用は、確かに安いとは決して言えないでしょう。そのため、やはり費用のことが非常に気がかりになるでしょう。
では、遺品整理を業者に依頼する場合にはどのようにすると費用が安くなるのでしょうか?ここでは、できるだけ遺品整理の費用を抑える方法についてご紹介しましょう。遺品整理をする際には、ぜひ参考にしてみましょう。

遺品を買取してもらう


遺品整理の費用を抑える方法としては、買取してもらうことです。まだまだ使用できるようなものが、遺品の中には多く眠っている場合があります。このようなものを遺品であるためというような理由のみで廃棄するのは、非常にもったいないことです。
現在では、不燃ゴミや可燃ゴミの袋に入れて廃棄する場合でも費用がかかります。そのため、このようなゴミを廃棄するための費用を積み重ねると、金額は結構なものになります。
また、処分を粗大ゴミなどとして行う必要があるものの場合は、処分を一つ行うのみでも費用が結構かかってしまう場合もあります。しかし、このようなものを業者に買取してもらうと、処分するための費用がかからないだけでなく、売却することができます。そのため、遺品整理の費用をその分抑えることができます。

遺品の買取と遺品整理を一緒に行う


遺品整理を業者に依頼する際に、遺品の買取を前もって済ませておくような方法もあります。しかし、このようなことを済ませておくのは大変であるというような場合には、遺品の買取と遺品整理を一緒に行うことを検討してみるのがおすすめです。
遺品を買取するサービスを、遺品整理の業者の中には提供しているところもあります
そのため、このような遺品整理の業者に依頼すると、遺品の買取と遺品整理の両方を一緒に進めることができます。手間をとにかくかけないで遺品整理を行いたいというような場合は、この方法がいいでしょう。しかし、満足できるような金額で買取して欲しいという場合は、遺品の買取を個人的に前もって済ませておく方がいいでしょう。
例えば、ブランド品の遺品の場合には専門にブランド品の買取を行っている業者、楽器の遺品の場合には専門に楽器を買取している業者にそれぞれ買取してもらうというように、買取してもらう業者を自分が好むように選択することができます。また、オークションサイトなどを通じて販売できた場合には、おそらくこの方法の方が非常に取り分が多くなるでしょう。

遺品の量をできるだけ少なくしておく


引越しする際と同じように、遺品整理の場合でも遺品の量と費用は比例すると言われています。そのため、あまりにも遺品の量が多く、遺品整理の業者にそのまま依頼すると非常に費用が高くなりそうであるというような場合は、遺品整理の費用は可能な範囲で遺族の人が遺品整理を前もって済ませておくと抑えることができます。
また、リサイクルできるものが遺品の中に多くあるほど、遺品整理の費用を抑えることができる可能性が大きくなります。資源としてリサイクルができるようなものは、衣類・紙、食器類、家具、家電製品などが挙げられます。国内でリサイクルができないようなものも、このようなものの中にはあります。
しかし、リサイクルできるようなものを、遺品整理の業者の中には輸出するためのルートがあるところもあります。リサイクルできそうなものが遺品の中に多くありそうであると判断した場合は、このような輸出するためのルートがあるような遺品整理の業者をメインに検討してみるのもいいのではないでしょうか。
ゴミを処分する費用が、最も大きな割合を遺品整理の費用で占めていると言われています。そのため、遺品整理の費用は、できるだけゴミを処分する費用を低減できると抑えることも可能です。

低価格のサービスを提供する遺品整理の業者を選ぶ


遺族は、遺品整理の費用を葬儀費用以外に捻出する必要があります。そのため、当然ですが、遺品整理の費用をできる限り抑えたいと考えるでしょう。しかし、費用を抑えてサービスのレベルを低下することはしたくないでしょう。
遺品整理の業者の中には、遺族の人の想いに応えるために、高い満足度で低価格のサービスを提供するためにいつも考え、努力をしているようなところもあります。
そのため、遺品整理を業者に依頼する際には、このような遺品整理の業者を選ぶと、費用を安く抑えることができます。ゴミの処分は、10数年前までは不燃ゴミ・大型ゴミに関係なく無料に全てなっていました。しかし、近年では、リサイクル意識が環境問題やゴミの不法投棄などで高まっており、有料で家庭ゴミを処分することが進んでいます。
そのため、遺品整理の費用の中で、このゴミを処分する費用が大きなウエイトを占めています。しっかりと遺品整理の際の不用品を分別して、リサイクルできる使っていない肌着などは無料で必要な人に寄付している業者もあります。基本的に、遺品整理は時間をかけて業者が処分するものを梱包します。
しかし、分別を遺族の人が行った場合でも、費用を抑えられるとは必ずしも限りません。というのは、さまざまなものが混じっているゴミ袋は、処分がゴミとしてしかできませんが、遺品整理の業者が分別すると資源になるので、最終的に処分する費用が抑えられるためです。遺族の人が、ゴミ袋に手間と時間をかけてまとめることによって短い作業時間になったとしても、遺品整理の業者が仕分けを正しく行って資源に分別する方が非常に費用は抑えられます。

遺品を資源にするための取り組み


遺品整理の業者の資源にするための取り組みについてご紹介しましょう。衣類は、寄付をしたり、海外へ輸出したりしています。紙は、分別を徹底して普通ゴミと混ぜないようにしています。家電製品の家電4品目以外のもの、オーディオや電子レンジ、ガスコンロやビデオデッキなどは資源になります。
当然ですが、現金で新しいものは買取し、まだ使えるものは寄付などもしています。最近は、収納が付いた住宅が多く、リサイクルの国内のマーケットでは大型家具の食器棚やタンスなどは需要が少なく、ほとんど買取は行われていません。そのため、国内では買取できないような家具は輸出し、基本的に家具の処分するようなものもリサイクルしています。海外で日本の食器は人気があり、和柄の陶器・食器は特に喜ばれるそうです。遺品整理においてリサイクルができるような食器は、輸出することによって、作業費用にできるだけ還元するように努力しています。遺品整理の費用は、遺品の量が多くなく、リサイクルできるものが多くあるほど抑えられます。家財品のリサイクルできるものについては割引し、処分するゴミの量などを考慮して見積りをしています。オプション費用が遺品や状況によっては発生することもあるため、詳細については遺品整理の業者に問い合わせてみましょう。

まとめ

多くの費用が葬儀にかかり、あまり遺品整理には費用がかけられないような場合も多くあるでしょう。そのため、できるだけ遺品整理の費用を抑えるためにも、ここで紹介した方法を検討してみましょう。全て実行するのは困難かもしれませんが、できるもののみでも実行してみましょう。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る