ブログ

表面的な清掃だけでなく、施工技術も持ち合わせた特殊清掃業者

近年は肉親同士であっても、互いの行き来がほとんど無いといったケースも大変増えてきていますから、
昔とは比較にならないぐらい孤独死される方の割合が非常に高くなっています。
当然、そうなってくると遺体の第一発見者は家賃の支払いの催促に来た不動産会社の関係者か大家さんとなる訳ですが、
その場合だと住人の死後遺体が1ヶ月以上放置されたままという事も十分ありえるので、
そうなってくると単純な清掃作業だけでは室内に染み付いた悪臭を完全に取り除く事は、
まず不可能となってきます。
なお私共の会社では、そういった遺体の発見が大幅に遅れてしまったお部屋であっても、
東京を中心に腐敗臭を完全に除去してきた豊富な特殊清掃の実績があります。
また我が社は他の同業他社とは違い、表面的な室内の悪臭の除去作業だけではなく、
場合によっては死者の体液が染み込んでしまった床の解体を行い、
新たな床を綺麗に張り直せるだけの高い施工技術も持ち合わせています。
一度別の業者に依頼してはみたものの、
床に染み込んでしまった体液の悪臭がどうしても取り除けないとお困りならば、ぜひ我々の会社まで早急にご連絡下さい。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る