ブログ

粗大ごみで回収してもらえない不用品

粗大ごみを行政に回収をお願いする際に困るのは回収可能なものと回収不可な物があるという事です。実際行政にでは品目や大きさなど細かい条件が決められていて意外と回収してもらえない物もあります。

家電リサイクル法の対象

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ab
●エアコン
●テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
●冷蔵庫・冷凍庫
●洗濯機・衣類乾燥機
img_price

収集・運搬料金(各小売業者が設定)+ リサイクル料金
不要になった廃家電を引取ってもらうにはリサイクル料金と収集・運搬料金を支払う必要があります。リサイクル料金はメーカー毎に、収集・運搬料金は小売業者毎に異なります。

資源有効利用促進法(パソコンリサイクル法)

%e5%bb%83%e5%ae%b6%e9%9b%bb
パソコンは資源有効利用促進法により、メーカーによる回収・リサイクルが義務づけられています。

●デスクトップ本体
●ディスプレイ
●ノートブックパソコン

パソコンのメーカーに直接お申し込み頂くか「一般社団法人パソコン3R推進協会」にお申し込みください。

適正な処理が困難なもの

ushi

タイヤ

タイヤは産業廃棄物として定められているため、近所のゴミ捨て場に捨てても、回収してもらえません。自動車部品販売会社(オートバックス)、ガソリンスタンド等で処分してもらう必要があります。

ピアノ

搬出も大変で行政では回収不可です。ピアノ買取業者に連絡し買い取ってもらか粗大ごみ回収業者に問い合わせる必要があります

耐火用金庫

熱への耐性を持たせるため、中にはコンクリートが入っています。そのため市役所などはもちろん、スクラップ業者なども引取りできない場合が多いです。

消化器

「消火器の販売代理店」や「防災・防犯事業者」で直接窓口にご確認する必要があります。

コンクリートブロック

産業廃棄物か適正処理困難物としての扱いとなるため行政が廃棄物を回収してくれることはありません。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る