ブログ

産業廃棄物収集運搬とは

排出者の保管場所(排出者)から廃棄物を収集し処分場まで運搬することを収集運搬といい、積替・保管施設経由で収集・運搬を行う事もあります。排出者が自ら収集・運搬する際は許可は不用ですが他人から産業廃棄物や一般廃棄物の収集・運搬を委託される場合は許可が必要です。一般廃棄物の場合は市町村から委託をうけて収集・運搬を行う場合は業の許可がなくても可能です。産業廃棄物の許可は原則として都道府県が担当します。広域移動による処理が前提となるのすが都道府県をまたぐ場合は荷積みちと荷卸し地双方の許可が必要となります。

産業廃棄物収集運搬車両について

産業廃棄物を収集運搬する車両にはいくつかの法令上決まりがあります。車の車両面に産業廃棄物の収集運搬車である旨を収集運搬時は常に表示しなければなりません。

%e8%a6%8b%e6%9c%ac

kitei

よく使われいる車両は街でよく見られるトラック(平ボディ車)をはじめユニック車、ダンプ、パッカー車などがあります。パッカー車とは一般家庭でゴミを収集する時にみる圧縮送り機械が装着されているトラックをいい。ご家庭からでる一般廃棄物だけでなく産業廃棄物の収集・運搬でも使われます。

産業廃棄物の積替保管

積替保管の許可があると処分事業者(中間処理施設又は最終処分場)へ産業廃棄物を収集し運搬する際に、廃棄物を一時保管し積替える事ができます。一定量たまってから運搬するほうが運送コストの削減ができ、輸送効率の向上ができます。 積替保管の許可は収集・運搬許可に積替保管を含む形で付与されます。積替保管を行う施設の事を【積替保管施設】といい「積替を行った後の運搬が定められている」「廃棄物の量が適切に保管できる量を超えない」「廃棄物の性状に変化が生じないうちに搬出する」「平均搬出量の7日分を超えない」等が定められています。

積替保管施設

手選別後に産業廃棄物は積替施設に保管されることが一般的です。様々な廃棄物が混ぜられます。積替保管施設では廃棄物の選別のほか有価物の抜き取りが可能です。そのため積替施設に搬入される廃棄物の量と積保管から搬出される量は異なります。廃棄物の再資源化を促進するためと物流効率で見ると積替施設はとても有用です。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る