生前整理と言うと、亡くなる前の準備であると考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、生前整理をしなければ大きなデメリットになります。全く整理しない状態で、万一亡くなった場合には、遺品整理、財産相続、葬儀など、遺った家族にはいろいろな問題が生じてきます。近年は、良くない多くの遺品整理業者もあり、急にトラブルが増えて来ています。生前整理を行わなかったために、トラブルに大事な家族が遭う恐れは十分想定されるでしょう。ここでは、生前整理の基礎知識、生前整理で把握しておくべきこと、についてご紹介しましょう。生前整理について、後悔しないようにしっかりと考えてみましょう。

生前整理の基礎知識

生前整理とは

では、どのようなイメージを生前整理について持っているでしょうか?亡くなった後のために生前整理は行うものであると、よく考えられています。しかし、本当の生前整理の意味はちょっと違っています。生前整理は、年を取る前に、今までの人生を今からの人生のために整理することです。生前整理を定年退職した後の第2の人生を歩む際に行う人が、最近は多くなってきました。仕事などで忙しくて今まで行うことができなかった財産や不用品の整理以外に、一緒に保険の見直しや健康管理方法の見直しなども行います。
子供が家を出て行って、夫婦だけになった今からの人生を生きる場合には、必要なもののみを残しておいて、老後の暮らしに支障がないようにすることが大事です。年を取ってくるほど、思うように体が動かなくなります。体が動かなくなった場合に、ものが溢れれている部屋で暮らす場合と、スッキリした必要なもののみがある部屋で暮らす場合では、快適なのはどちらでしょうか?
ものが溢れれている部屋で暮らす場合には、怪我するリスクが高くなります。ものを思うように動かない体で探すのは、考えている以上に困難なことです。整理を元気な体が動くうちにしておくのは、いい影響を今からの人生に及ぼします。生前整理は、老後をより良くするために行うものであるため、元気な時に行っておきましょう。財産などを整理しておくのは、自分が亡くなった後の遺った家族にとっても大事な贈り物になります。

遺品整理と生前整理の違い


では、遺品整理と生前整理はどのように違っているのでしょうか?遺品整理というのは、亡くなった後に、遺品を遺った家族が処分するために整理することです。一方、生前整理というのは、よりよく残った人生を送るために生きているうちに整理することです。財産などを整理しておくことによって、自分が亡くなった後に遺った家族が困らないようにするためです。このように、遺品整理と生前整理は似たような言葉かもしれませんが、全く意味が違っています。生前整理は、家の中にあるものを元気な生きているうちに整理して、自分が亡くなった後に家族が困らないようにしておくことです。一方、遺品整理は、自分が亡くなった後に遺った遺族が行うものです。

生前整理をする目的

現代は少子高齢化、核家族化が進んでおり、社会問題になるほど遺品整理におけるトラブルが急に増えています。子供の数が少なく、老人の数が多いため、高齢で一人暮らしている人が多くなりました。そのため、世話をしたり介護をしたりすることも困難になっており、遺品整理をするための時間や労力も無くなっています。普通の片付けと遺品整理は違っています。遺品整理の場合は、亡くなった人の思い出が詰まっている遺品を、要るものと要らないものに分けて処分する必要があります。そのため、非常に多くの量の遺品のために、どうしようもなくなる遺族も多くいます。生前整理をするのは2つの目的があります。よりよく今からの人生をするためと、遺った家族が自分が亡くなった後に困らないようにするためです。
万一の場合のために、前もって整理をしておくことによって、遺産相続のトラブルも防ぐことができます。また、最近は、良くない遺品整理業者も多く、トラブルが業者との間に多くあります。生前整理をする目的は、自分が亡くなった後、遺った家族がいろいろなトラブルに遭わないようにするためもあります。一方、終活ということを最近よく耳にするのではないでしょうか。では、終活とはどのようなものでしょうか?
生前整理と終活はとよく似たものです。終活というのは、活動を人生が終わりになる時のために行うことです。亡くなることを暗く考えないで、よりよく人生を終わりたいと希望して準備することです。例えば、終活で行うこととしては、葬式を決定する、遺影を選択しておく、お墓を購入しておく、相続や財産をまとめる、自分が持っているものをまとめておく、エンディングノートを作っておく、などが挙げられます。普通の場合は遺影は遺族が決めるようになりますが、自分で遺影を決めておくこともできます。さらに、財産や相続をまとめておくと、自分が亡くなった後に家族がトラブルになることも多くないでしょう。エンディングノートを作っておくと、亡くなった際に自分の思いを家族が困らないように遺しておくことができます。

生前整理で把握しておくべきこと

生前整理はどうして必要か?

長寿の国であると日本は言われています。しかし、誰もがどのようなことが自分の身に起きるかは分かりません。万一、急な怪我や事故で入院したり、余命宣告を重い病気になってされたり、認知症になったり、寝たきりになったりするようなことになると、誰がサポートしてくれるでしょうか?また、認知症になったり、意識不明に急になったりした場合は、ほとんど自分の考えを伝えるのができなくなります。生前整理は、後悔しないように、負担を遺った家族にかけないようにするために必要です。では、何のために生前整理は行うのでしょうか?自分と遺った家族のために、生前整理は行います。
全く整理していないまま万一自分が亡くなった場合は、家族は困るでしょう。葬式はどうしよう、これで遺影はいいだろうか、どの遺品を残すといいだろうか、などというように、遺った家族は思い悩む場合も多くあるでしょう。いつまでも後悔し続ける場合もあるでしょう。生前整理は、遺った家族の負担を軽くするために、自分の考えを伝えることができる方法です。

生前整理で具体的に行うこと

終活で行うことと、生前整理で行うことはよく似ています。生前整理で行うことは、財産の整理、家の中にある不用品の片付け、エンディングノートの作成などです。自分が亡くなった後、遺った家族が困らないことを考えて整理をします。

生前整理をスタートするタイミング

では、生前整理はいつからスタートするといいのでしょうか?生前整理をスタートするタイミングは、特に決まっていません。世の中では、60代から生前整理をスタートするといいと言うことも言われていますが、今すぐ元気なうちにスタートしましょう。
というのは、時間が生前整理の際にはかかる場合が多いためです。また、体が動いて、判断力や知力があるうちにスタートすることによって、年を取ってからの負担を少なくすることができます。明日にも亡くなる可能性があるため、いつ生前整理をスタートしてもいいでしょう。自分だけでできなければ、生前整理を行う業者に頼むといいでしょう。費用は、遺品整理より生前整理の方が安くなります。生前整理を行うことは、費用面から考えても大きなメリットがあります。

お見積り依頼

* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

生前整理や終活動のお手伝い

遺品整理や不用品回収のみならず生前整理や終活のお手伝いも随時承ります。専門スタッフがお客様のご相談を承ります。お気軽にご相談ください。
*
ページ上部へ戻る