ブログ

年末大掃除や片付けのテクニック

年末大掃除は、一つの年中行事で一年の汚れを落とすものです。年末大掃除をできるだけきれいに、そしてスムーズに終わらせるためにはテクニックが必要です。ここでは、年末大掃除や片付けのテクニックについてご紹介しましょう。ここでご紹介するテクニックを使うと、年末大掃除や片付けが非常に楽になります。

大掃除はどのような意味があるか?


忙しい年末の時期に、大掃除をあえて行う意味は、新年を迎えるためです。昔は、12月13日、あるいは14日頃に、「年神さま」を迎えるためにすすはらいを「事始め」として行っていました。かまどやお風呂ではたきぎを昔は使っていたため、煙突のすすを払うことが必要であったためです。昔は大掃除を年末ぎりぎりになった時期に行うのではなく、12月になって掃除をゆっくりと行って、餅つきをこれが終った時期に行うような流れであったそうです。しかし、多くの人が現代は勤めているため、新年の準備はやはり年末近くになっています。

年末大掃除の日程を考慮する


年末大掃除は、いつもの掃除とは異なって大がかりになります。いつもは掃除ができない、例えば、洗濯機や冷蔵庫の下、タンスの後ろなどのようなところも掃除するいいチャンスです。そのため、しっかりと日程を考慮しておかなければ、1つのところだけの掃除に手間がかかって全く掃除が進まなくなってしまいます。

掃除を行う範囲を決定することが大事


日程を立案する前に、掃除を行う範囲を決定しておきましょう。例えば、奥さんとしては徹底的にタンスを移動して掃除したいと思っている場合でも、そこまではご主人としては思っていない場合は、掃除を開始してから「全く掃除してくれない」「十分に掃除をしている」などというようになります。事前に部屋を掃除する範囲を決定しておきましょう。

年末大掃除の日程の組み方


部屋数や家族の都合などによっても違ってきますが、年末大掃除の場合は数日行うように日程を決定しておきましょう。
日程を立案する方法としては、部屋ごとに掃除をする方法と床のみ、窓のみというように作業するところを分けて掃除をするものがあります。部屋ごとに掃除をする方法は、自分の部屋を家族がそれぞれ掃除をするように、掃除を担当を決定して行う場合におすすめです。
年末大掃除の1日目は、子ども部屋、寝室、書斎などというように各部屋を掃除します。この際は、各部屋の窓や天井も全て1日目に済ませます。年末大掃除の2日目は、家族が揃うダイニングやリビングなどを全員で掃除します。年末大掃除の3日目は、手分けして浴室、台所、洗面所、外回りなど、ひどい汚れのところを掃除します。家族がいる場合には、「12月のいつからいつまでは年末大掃除をするので手伝って欲しい」と依頼しておくと、一斉に掃除をすることができます。また、掃除を部屋ごとに行うため、「都合がこの日は悪いが、いつ自分の部屋は掃除しておく」などと、それぞれの都合に応じて掃除をすることもでき、「洗面所はだれに担当して欲しい」と任せられます。責任を持ってもらうことによって、しっかり掃除をしなければというような気持ちになってきます。

分けて作業を進める方法


分けて作業を進める方法は、家族全てで「今日は外回り」「今日は窓拭き」と決定して掃除を進めるものです。この方法のメリットは、天気を確認しながら掃除を決定できることです。例えば、雪や雨が降る場合は、掃除は室内だけを行うことができます。
年末大掃除の1日目は、高いところのタンスの上や天井などの掃除をします。床から掃除を始めた場合には、きれいに床がなった場合でも天井からのほこりがまた落ちるため、高いところから必ず掃除をしましょう。余裕がこの日にある場合には、家具やタンスを移動して掃除をします。面倒なところを初めに掃除をしておくと、先々楽になります。年末大掃除の2日目は、カーテンや窓ガラスなどの掃除をします。家中の窓を一人で掃除をしていると疲れますが、窓拭きを一斉に家族が行うと案外と早く終わります。カーテンを外して洗ったり、敷居の溝やレールの汚れを掃除したりするなど、手分けして掃除をしましょう。年末大掃除の3日目は、ひどい汚れのところ、例えば、キッチン、エアコン、換気扇、トイレなどの掃除を手分けして行います。この方法のメリットは、「窓拭きをこの日は行う」と決定すると、窓ガラスを掃除するためのぞうきんや洗剤などを一回出すのみでいいということです。家族が掃除に別々に取り組んだ場合には、窓ガラス用の洗剤を誰かが毎日使用するようになり、なかなか掃除用品そのものを片付けることができないため、これを防止することもできます。

掃除用品を用意する

年末大掃除の日程が決定すると、掃除用品を始める前に用意します。せっかく頑張っているにも関わらず、窓ガラス用の洗剤がなくなればやる気がなくなってしまいます。これを防止するためにも、必要な掃除用品は事前に用意しておきましょう。

掃除用品の確認


掃除用品の確認項目についてご紹介しましょう。もし足りない場合には買っておきましょう。掃除機は、予備の紙パックがあるか、吸引力が十分かを確認します。バケツとぞうきんは、天井用、窓拭き用、油汚れ用などに別々に用意します。洗剤は、床用、窓ガラス用、油汚れ用、トイレ用など、使途に応じて用意します。
歯ブラシの古いものは、細かいところやサッシの溝などを掃除する場合に使用します。古い新聞紙は、ほこりが電灯や天井の汚れを落とす際に落ちても問題ないように敷いておきます。ゴミ袋は、年末大掃除をした場合に多くの不用品が出てくるため、プラスチックゴミ用、燃えるゴミ用などのものを用意しましょう。障子紙は、障子の張り替えの場合は用意します。軍手やビニールの手袋は、手が汚れるため、擦り傷や切り傷を防止するために用意しましょう。このようなもの以外に、すぐに摂れるカップ麺や冷凍食品、レトルト食品などがあると便利です。年末大掃除の場合は、台所が散らかっており、体力を掃除のために消耗します。しかも、体や手が汚れているので、調理が面倒になります。そのため、すぐに摂れるようなものを用意しましょう。

スムーズに年末大掃除を進めるテクニック


年末大掃除はやり始めると終わりがありません。部屋の隅やサッシの溝の汚れが気がかりで、熱心にそこのみを掃除していると、手が別のところまで回らない場合があります。そのため、「頑張ったが、あまり全体が掃除されていない」というようによくなります。
これを防止するには、8分目の力で、全体を掃除するつもりで行ってみましょう。1ヶ所のみに注力したり、全てのところを掃除するのでなく、仕上がりは8割くらいでいいため、きれいに年末大掃除の前よりもなったと感じられるように、まんべんなく全体を掃除するようにしましょう。

掃除は年末大掃除のみではない


年末の場合は、大掃除の雰囲気が世の中にあふれているため、掃除をしやすい時期です。しかし、この時期のみに掃除をしなければならないというものではありません。特に、年末の場合は、寒さも忙しいうえにあります。この時期に掃除をするよりも、動きやすい秋や夏の時期に大掃除をしておけば、楽に年末大掃除ができます。月に1回くらい、簡単に天井のほこりを払ったり、窓ガラス拭きをしたりするなどしておきましょう。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る