ブログ

不用品回収の法律って?

不用品回収業者が家庭が事務所の使用済み家電製品等を引き取っている光景をよく見ますが「法的にどうなのか?」という疑問をよく耳にします。
年式が古い、破損などで再利用として市場性が認められない場合などは不用品回収業者は市町村の委託もしくは産業廃棄物収集運搬業の許可等を受ける必要があります。「廃ユニット形エアコンディショナー」「廃テレビ(液晶テレビ・プラズマテレビ)」「廃冷蔵庫・廃冷凍庫」「廃洗濯機・廃乾燥機」については小売業者に引き取り義務があります。

小売業者とは家電販売店等に限られるものではなく中古品を販売するリサイクルショップや質屋も含まれます。引取りにあたり小売業は産業廃棄物収集運搬の許可を要しませんがそれを委託する場合は受託者は産業廃棄物収集運搬業の許可を受けなければなりません。また使用済み家電製品等の種類によっては小型家電リサイクル法の適用をうけるケースがあります。

小型家電リサイクル法についてはこちら (環境省小型家電リサイクル関連)

古物と古物営業法

「一度使用された物品(中略)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。」を古物商営業法では古物と定めています。古物の営業は営業は許可制になっており運転免許所と同様に警察の窓口に申請し公安委員会の許可をうける必要があります。庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類は、古物に該当しません。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る