ブログ

ゴミや不用品の排出事業者の特定!誰のゴミ?

今回はゴミの排出事業者は誰?という例をいくつか紹介致します。基本的に廃棄物の定義には色々な説があります。そのためはっきりと定まっていないのが現状なのです。

廃棄物って何?一般廃棄物と産業廃棄物

そのなかで身近にある「よく考えるとどうなんだろう?」をピックアップ致します。

倉庫で保管しているものの処分を頼まれたら誰が事業者?

倉庫で預かっていたものが色々な理由で不要になって処分するように荷主から依頼があった場合は誰が事業者に該当するでしょうか?
この場合は荷主が事業者に該当します。荷主が不要と判断した時点から倉庫で保管しているものが廃棄物に該当します。「廃棄物の保管」となる意見と「まだ廃棄物の中途にあるので廃棄物保管に該当しない」の意見があるため明確な解釈は難しいようです。トランクルームで荷物を保管した状態で連絡が取れなくなった荷主の荷物は・・・「廃棄物?」「有価物?」「預かりもの?」廃棄物の定義が明確でないので難しい問題ですね。

リースアップした物品はだれが事業者?

リースアップした物品について、再リースする予定もないので破棄される場合はリース業者が事業者に該当致します。リース物品は通常リースが終わるとリース業者に返されるものですから、その支配・管理をしているのはリース業者です。もしリース業者の同意のもと契約終了後に返さず使用しその後に廃棄する場合はユーザーが事業者に該当します。

商品を購入した際の不要な梱包材の事業者ってだれ?

商品を販売し納品先で開梱した際にでる梱包材はだれが事業者に該当するのでしょうか?
売った人なのか・・・購入した人なのか・・・
あまりこういったトラブルは少ないと思いますがトラブルを想定してみましょう。梱包材を処分する際に料金が発生します。購入者側しても納品時に梱包材は持って帰ってほしいものですよね。しかし梱包材を処分する際には費用が発生するので販売先もできれば購入した人に処分してもらいたいのでおいて帰りたい。
双方の意見は次の通りです

購入者:「商品は購入したけども梱包材はたのでいない」「安全に運送するためにそちらが用意したもので運送業務の一環では?」
業者:「スーパーで牛乳を購入する際に中身だけほしいのでパックはいらないと言えますか?」

と双方の意見がぶつかったとしたら場合、一般的には製品・商品は梱包された状態、または容器に入った状態ですべてを含めて購入されているので購入者が該当すると思われます。

ごみ回収ボックスは誰が排出事業者?

コンビニやテーマパーク等で自動販売機が設置されている場合、その店が支配、管理する場合は自動販売機が設置される建物、敷地内の管理者が事業者に該当すると考えられています。スーパーなどになる回収ボックスの場合も同じです。
ですがスーパーやコンビニで「家庭ごみは捨てないでください」とあります。これを無視して大量のゴミを捨てていると廃棄物処理法の不法投棄に該当する場合もあります。実際は多少のゴミについてはサービス行為として黙認していますがやりすぎは注意ですね。

関連記事


お見積り依頼 * 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

*対応エリア:愛知県岐阜県

*対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県

*対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

*
ページ上部へ戻る